コンセプト

海外の企業やサービスの真の価値を見抜き紹介する

グローバル競争が激しくなる中で、日本企業としても日本発のシステムやサービスを利用したり日本企業とだけ提携を行うのではなく、海外も含めて幅広い視野と情報を収集し、貴社にとっての最適解となるようなソリューション・サービス、そしてパートナー企業を常に探し求めていくことが大事な時代になりました。しかし、特に海外となった途端、入手できる情報は極端に少なくなり、正しい判断が難しくなります。そこで、弊社はその課題を解決すべく、海外の特に中小企業・ベンチャー企業のサービスの日本への紹介を長年続けています。

海外企業との企業文化の違いにおける様々なコミュニケーション問題を解決

B-to-Bで海外企業と日本企業とのビジネス上の提携には、常に様々な困難が付きまといます。 言語の壁、文化の壁、距離の壁、商習慣の壁、問題に対するアプローチの違い、ITリテラシー等々、様々な形ですれ違いが起きやすい。 だからこそ、日本企業は、日本企業と提携したがり、日本企業のサービスや製品を利用したがる傾向があります。

しかし、時代はそうも言っていられなくなりました。 

日本・海外を問わず最適なソリューション・ツール・サービスを正しく導入することにより、テクノロジーの力をバネに厳しいグローバル競争に打ち勝っていく・生き残っていくことを我々は支援します。

インテグリティと公平であること

お客様の会社を中心としたエコシステムの構築・強化のためには、私たちはエコシステムに含まれる様々な当事者それぞれとある一定以上の信頼関係を常に保持し続ける必要があります。そのためには、私たち自身に非常に高いレベルのインテグリティと公平さが求められます。個人、そして個人の集合体である組織には、当然エゴが存在し、エゴとエゴの衝突により問題が発生します。どれがエゴで、どれが真にその個人や集合体だけでなくエコシステム全体に益することなのか、それを見極め、その原則に従って行動するためには、私たち自身のエゴを常に私たち自身が常に注意深く観察し、見極めなくてはなりません。

直観による判断と決断

私たちは、直観によりお客様のビジネス全体、もしくは局所的な状況を、捉えることを大事にしています。目前の近い将来のことや、誰が見ても明らかな明確な分野とは別に、中・長期にわたる戦略・投資・パートナーシップ、複雑に原因が絡み合い解決方法が容易に導き出せない状況、また顕在化いないものの確実に迫っているリスクなど、「思考」では判断・決断しきれない状況において、直観することにより、最適解を導き出し、インスピレーションによる決断が可能となります。