金融機関(銀行・証券・機関投資家・ヘッジファンド等)のリスク資産の最適化によるコスト削減とリスク低減を実現するフィンテックベンチャーCapitolis社と日本におけるビジネスディベロップメント契約を締結

金融機関(銀行・証券・機関投資家・ヘッジファンド等)のリスク資産の最適化によるコスト削減とリスク低減を実現するフィンテックベンチャーCapitolis社と日本におけるビジネスディベロップメント契約を締結いたしました。 同社のサービスを活用することにより、金融機関同士の取引におけるカウンターパーティリスクの軽減・分散、そしてコスト削減が可能となります。 2017年創業のCapitolisは、4年間で金融機関50社以上に導入され、7千万ドル(約70億円)以上をすでに著名ベンチャーキャピタルや外資系大手銀行・金融機関から出資を受け急成長を続けています。

Share!